2019年2月17日日曜日

推薦入試合格者からのメッセージpart9

こんにちは、高尾です。

今日は推薦入試合格者からのメッセージを
お伝えします。

進学コースの北浦さん(敬愛中出身)です。
関西学院大学教育学部教育/幼児教育学科に合格しました。
おめでとうございます!

支えられた6年間
私は敬愛の先生方に様々な面でお世話になりました。
勉強面では放課後、授業内でわからなかったところや
復習などをお願いすると、私が理解するまで親身にな
って説明をしてくれました。さらに幅広い知識を実体
験に基づき、丁寧に教えてくれる授業とても楽しかっ
たです。そのおかげで進路を悩む中、広い視野を持つ
ことができました。また志望校の受験対策をお願いし
た際は、面接指導など手厚いサポートをしてください
ました。このような暖かい先生方や、一緒に頑張って
きた友人がいたからこそ勉強面や精神面で成長し、志
望校に合格できたと思っています。ありがとうござい
ました。

2019年2月16日土曜日

こちらでもお祝いしていただきました

こんばんは、高尾です。

昨日は高校卒業式でした。
改めて卒業された皆さん、おめでとうございます。

門司駅にある1枚の掲示をご覧になられたでしょうか?

地域の方々からもお祝いの言葉をいただけることは
とても嬉しいことですね。

門司駅の駅員の皆様、ありがとうございました。

2019年2月15日金曜日

高校卒業式

こんにちは、高尾です。

今日は高校卒業式を別院にて挙行いたしました。
本学園の名誉学園長をはじめ、たくさんのご来賓の方々を
お迎えしての卒業式でした。
お忙しいところお越しいただいた皆様、感謝申し上げます。
 生徒たちはいつもの表情を浮かべながらも、式が始まると
凛とした表情を見せました。
生徒たちの歌う仏教聖歌は、別院中を包み込むような
あたたかい歌声でした。
 卒業証書の授与では、名前を呼ばれたときの生徒一人一人の
 「ハイ」という声が響きわたり、厳かに式は進行していきました。
 答辞では、代表の蜷木さんが先生や保護者や生徒たちへの
 感謝の思いを伝える感動的な言葉で、多くの方々が涙を
 拭っている姿が見られました。
 最後のキャンドルサービスでは、受け取った火を
 隣の生徒に渡していき、生徒たちの表情が炎の明かりで
 あたたかく照らし出されていました。
 その表情には嬉しさやホッとした表情様々でした。
 卒業式終了後は最後のHRです。先生から、生徒から
 言葉がかけられ、最後のHRを楽しんで過ごしていました。
 高校の3年間、毎日のように行われていたHR。
 当たり前のように周りに友達がいて担任の先生がいた日々が
 今日で終わりです。次の新しい世界に向かうときです。
高校ピロティ前では、吹奏楽部が卒業生に向けての
 演奏が行われていました。
 在校生が卒業生にプレゼントを渡す光景も見られました。
敬愛は幼稚園から高校まである学校です。卒業する生徒たちの
敬愛に在籍した年数は違いますが、親鸞聖人のみ教えを学び
卒業していくことには変わりがありません。

敬愛で学んだことを生かして次の進路先で活躍していく
皆さんを敬愛から応援しています。

最後に本当に卒業おめでとう!

2019年2月14日木曜日

卒業式予行

こんにちは、高尾です。

今日は明日行われる卒業式の予行を行いました。
予行の前に同窓会である「藤波会」の説明を学校保護者会の
会長である林さんにしていただきました。
 予行では、全体を通しいていきました。
練習が進むにつれて、卒業するという実感が湧くのでしょうか、
生徒たちが徐々に真剣になっていきました。
 3年生たちは明日で高校を卒業します。
3年生にとって大きな区切りとなる卒業式を是非
成功させましょうね。

明日の卒業式は10時から開始となります。
お気をつけてお越しください。

2019年2月13日水曜日

高校合同聖歌

こんにちは、高尾です。

あと2日で高校の卒業式となります。
今日は別院で高校生が集合し合同聖歌を行いました。
 卒業式は生徒たちの仏教聖歌で進められていきます。
 卒業式が間近に迫っていますが、今までを振り返ってみて、
 皆さんにとってどんな高校生活だったでしょうか?
 日々の生活は楽しく普通に過ごすことができたかもしれませんが、
その当たり前な日々は、たくさんの支えがあってこその
1日1日です。

敬愛生には卒業しても、いろいろな人たちの思いに気づける
人であってほしいと思います。

1、2年生の皆さん、卒業式を良いものにして、
3年生を気持ちよく送り出していきましょうね。

2019年2月12日火曜日

修学旅行に向けて

こんにちは、高尾です。

3月の修学旅行まであと3週間程度となりました。
生徒の皆さんは修学旅行に向けて楽しみにしていると思います。
 高校はアメリカ・カナダへの修学旅行です。
 国境を越えて様々な情報や物が行き交うようになり、
 外国がより身近に感じられることも多くなっています。
 国々で物が行き交うことで注意しなければいけないことがあります。
 それは食べ物です。食べ物によって特定の国しかいない虫などが
広がってしまうことがあります。日本から持って行っては
いけないもの、日本に持って帰ってはいけないものがあります。

今日は農林水産省の佐藤さんにお越しいただいて、
食べ物に関する注意点などをお話いただきました。

貴重なお話をありがとうございました。

2019年2月11日月曜日

推薦入試合格者からのメッセージpart8

こんばんは、高尾です。

今日は推薦入試合格者からのメッセージを
お伝えします。

特進Sコースの穴吹くん(敬愛中出身)です。
北九州市立大学外国語学部英米学科に合格しました。
おめでとうございます!

ご縁に恵まれた学校生活
私はこの学園で学んだ12年間多くの友人や先生方に
支えられて学園生活を過ごしてきました。敬愛にいる
人々は皆やさしく、親切です。私がテスト勉強の際、
先生に質問に行くと丁寧に教えてくださり、苦手教科
は得意教科に変わりました。同時に友人たちとの教え
あいも放課後に行い、互いにわからないところを解決
し合いました。また、私が辛い時にも声をかけてくれ
たり、相談に乗ってくれる人々にも恵まれました。こ
の学校に通えたことで、私はとても価値のある学園生
活を送り、暖かい人々とのご縁に恵まれた日々だった
と感じています。